【週刊】恋愛屋マガジン 2022年4月3号

どうも、ジュンです。

恋愛屋マガジン、今週号です。

魅力を高め、関わる女性を幸せにできる男になるための「女性、お金、仕事、美容、健康」などの情報をお伝えしています。「YouTubeではちょっと言いづらい…」という、本質情報をガッツリお届け。

個人的なビッグニュースは、やっと歯の矯正の第一段階が終わったこと。

約2ヶ月間、左奥の上の歯と下の歯を、輪ゴム的なもので繋ぎ続ける…という大苦行でした。
#説明がムズすぎる

常に噛み締めてる状態なので、慢性的に左アゴが筋肉痛&ご飯は右でしか噛めない。

…というわけで、矯正取れた直後に、左の歯で思いっきり寿司を噛み締めてきました。

幸せ。

僕らが当たり前にやっていることは、当たり前ではないんだなぁ…と実感しました。いくつになっても健康的&モテ続けられるように、歯のメンテナンスは今後もきっちりやっていこうと思いましたね。
#歯科衛生士の子からの評価が上がる特典付き!

というわけで、今週号の内容です。

メインコラム
仕事と女性の優先順位

今週は、我々オトコの前に立ちはだかる最大の難問「仕事と女性、どっちが大事か問題」について、考えてみようと思います。

フェルマーの最終定理は、証明に330年かかりました。

さて、恋愛の論理的証明は…実はここ数十年の研究により、かなり解明されつつあります。

その原理は、動画や講座を通してお伝えしておいますが、そのベースには「進化」があり「本能」がある。「どうやって子孫を残すか?」が我々に課された命題だということです。

そこから考えれば、

“私と仕事、どっちが大事なの問題”

にも近いうちに終止符が打てるのではないか…というわけです。

僕は、恋愛屋として活動をしながらも、会社を経営して毎日「お金と資本主義」に向き合っている人間です。両方への分野への知見があるので、その点を繋げることで、新しい理論が出来るのでは?と企んでいるわけですね。

というわけで今週号は、資本主義と恋愛の観点から、男の人生の攻略法を考えてみようという試み。(“回答”というわけではなく、現時点での”仮説”だと思って下さい)

仕事(お金)の性質を考える

まずは「お金」の性質から。

詳しい説明はお金とモテの科学の講義で解説しておりますので割愛しますが、一言でいうと「いろんなものと交換できる券」です。

1万円を持っていれば、

・叙々苑の焼き肉
・パーソナルトレーニング
・シャツ1枚
・本8冊くらい
・魅力大の講義2回ぶん
・ヘアカット2回ぶん

などなど、あらゆるモノに交換できるわけです。超便利!

もともと人間は、物々交換で生活していたので、この「なんでも交換できる券」という発明は、一気に文明を加速させ、生活を便利にしてきました。

つまり、お金というものの本質とは、ナニカに変換できるもの。

これをベースに話を進めていきます。

金が必要。いや、むしろ…

モテるようになるには、それ相応の情報や、アイテム(服、スキンケア、身体、出会い)が必要です。当然ですが、お金を払うことでこれらはゲットできます。

「おいおい、世の中カネかよ…」

と思うかもしれませんが、むしろ”お金を払うだけで済む”というのが、資本主義社会のスゴい所。

もしお金がなければ…

・服を作っている人と仲良くなり、その人が今何に困っているかを聞き出し、それを自分が探し出してきてやっと1枚の服をゲットできる

・食材が豊富な地域に住んでいて、料理が得意な人と仲良くなり、ある程度優先してもらえる人望を発揮して、女性と2人になれた瞬間にその人が求めているものを差し出すことで、やっと酒と食事にありつける

・ムラの首長の心をつかむコミュ力を発揮し、キチンと成果を出し、コミュニティに貢献し続けることで、やっと村の娘を1人紹介してもらえる

という事になります。

大変すぎます。笑

これはダルすぎる!となって「共通の交換券を作って、世の中のいろんなモノと交換できるようにしよう!」という仕組みを先人が作ったのです。
#ほんま偉大。

つまり、

「世の中カネかよ…」ではなく
「カネで済むなんてなんて有り難い世界だ…!」

というのが正しい言い方。

つまりですよ。

モテるにはお金がかかる。(お金を払えばすぐに結果が出る)

女性と付き合うにはお金がかかる。(ある程度お金があれば幸せに問題なく付き合える)

結婚して子供を育てるにはお金がかかる。(子供を育てるお金があれば、子供を作れるステージに立てる)

というのが、事実です。

子供1人を大人にするまでにかかる金額は、約2000万円と言われています。シンプルに、2000万円を子供に投資できるくらいの甲斐性がある男は、子供を持てる。というのが現代社会の仕組み。
#善悪や倫理観は置いといてね。

こんな事実を言ってしまえば、即刻大炎上。政治家だったらクビを切られるし、芸能人だったら干されますね。だからみんな、言わないんですよ。

「結局お金なんですか!!!」という民衆からの文句が飛んできますからね。

けど、そのとおり。お金があれば大抵のものが手に入るのが、資本主義というシステムなのです。
#政治家って大変だよね。

というわけで、現時点での僕の結論。

仕事と私どっちが大事問題

仕事に決まってんだろ。

というか、仕事を通して人の役に立ち、対価(お金)を稼いで、その金で女性と子供に幸せな生活を送ってもらうのが、オスの役割。

基本は、仕事に全振りでいいんじゃなかと思ってます。
#恋愛屋とは思えない発言!w

けど、仕事フルベットしていても、週に1回ディナーデート行くくらいは出来るじゃないですか。毎週○曜日はデート入れる、とか。
#僕は月火木
#知らんがな

もしデートの予定が入らなかったら、勉強したり、副業に取り組んだり、Uberやったりすればいい。

ポイントは、

女性に使うリソース量を、
自分でコントロールする

事じゃないかなぁと。

僕の場合だったら、

・月、火、木の19時以降はデートに使っていい枠
・女性とのLINEやアプリは、湯船の中orジムの休憩時間orエスカレーターの上
・あとは仕事や勉強にフルベット

というマイルールです。

んで、最速で収入を伸ばしていく。お金が入れば入るほど、恋愛の攻略もカンタンになっていきます。

女性がお金で釣れるわけではなく、「お金を使えばカンタンに自分のレベルを上げられる」からです。

着る服や、選ぶ店のチョイスや、知識量や、頭の回転や、持ち物や、女性への理解力や、セルフイメージ(マインド)などが、格段にレベルアップしますからね。

資本主義の攻略法はシンプルで、

稼ぐ
→お金をレベルアップに投資
→さらに稼ぐ
→さらにレベルアップに投資
→さらに稼ぐ
→さらにレベルアップに投資

を繰り返すだけ。

もちろん、事業づくりも一緒です。勉強、知識、代行や外注、経験、人を雇う、商品開発…など。約4年ほど、稼いだお金は投資し続けています。

4年前はフォロワー1000人だった恋愛屋ジュンは、今や登録者17万人。(売上額で言えば100万登録YouTuberと一緒か、それ以上です。コレも事業構築を本気で勉強したおかげ。)

・とにかく稼いで再投資。

・女性には「どこまで使うかを決める」

と、スムーズなライフプランが描けるはずです。

質問コーナー
なぜか仕事に集中できないのですが

毎週なにかしらのご質問を取り上げて、回答&解説していきます。

▼質問窓口は僕のインスタにて!
https://www.instagram.com/jun_online_/
(DMにお送り下さい)

他の場所に送ると埋もれてしまいますので、ご注意下さい!

恋愛屋マガジンを見てDMさせて頂きました。

ジュンさんがYouTube始めてから3年間勉強させてもらって、彼女は普通に作れるようになりました!ただジュンさんは仕事に男は集中しろと、動画で言ってることは最もなので頑張ってみようと思うのですが、そこまで本気で頑張れていない気がします。

彼女はお母さんに束縛されていて中々会うことができません。

月に2.3回会えたらいい方です。

会えない期間に仕事、自分磨き、勉強しないといけないのはわかっていますがなぜか集中できないのですが仕事に本気になるにはどうすればいいと思いますか?

ご質問、ありがとうございます!

こういう場合なのですが、主に原因は2つですね。

1現実が見えていない

例えばですが、

今の仕事(働き方や自分の取り組み方)のまま、5年後に結婚して、10年後に子供が2人いるとします。

さて、毎月何円の手取り額が必要でしょうか?

その収入は、今の会社の、今の働き方で得られますか?

ちょっと電卓を叩いてみましょう。

こうすると、漠然とした「ヤバい気がする」という感覚が、リアルな数字(現実)として浮かび上がります。こうなると、やらざるを得ません。

ただし、人間はこの現実を直視するのが怖いので、無意識のうちに現実の直視を避けるわけです。

さらに追い打ちをかけるなら…

結婚式にいくらかかるか知ってますか?

今の会社、15年後も残ってる保証はありますか?

もし転職したら、どんな仕事で活躍できますか?

子供が「留学したい」って言い出したら「お金はパパが出すから行って来い!」って言えますか?

現実は見れば見るほど、残酷です。しかし、それを直視したものだけが、前に進むことができる…ということです。

2彼女への依存

あとは、彼女に依存しているパターン。

個人的には月に2〜3回も会えたら充分じゃね?と思ったりもしますが。まぁ、それは置いときます。

1人の女性に依存する(「この子しかいない!」という状態になる)と、「なんとかして確保しておかなくては!」と思ってしまいます。

行動にストッパーが効かない人は、束縛という行為に出ます。

そうじゃない人も、ついつい彼女のことが気になってしまい、仕事が手に付かない…という事態が起こるわけですね。

友達と飲みに行って、そのまま相席屋とか行ったらいいんじゃないかな?と思います。

一人に執着すればするほど、女性は冷めていきます。(1人しか相手がいないくらい、遺伝的価値が低いんだ、と本能が察知するからです)

余裕を作るために、荒療治に出るもの、選択肢の1つとして僕はアリだと思っています。

ぜひ、参考にしてみてください!

応援してます!

イベント情報

1:17万人感謝記念 特別動画公開!

なんと本日。チャンネル登録者数17万人を突破しました!みなさんの応援があっての数字です。本当にありがとうございます。

みなさまへの感謝として、特別な動画を収録いたしました。

4/21(木)20:00~
最速で理想の彼女を作るための7Stepを完全解説

約50分に及び、理想の彼女と出会い、付き合うまでのロードマップを完全解説!

「今年こそ彼女を作りたい!」
「もっといい女性と出会って付き合いたい!」
という方は必見です。

サムネの女の子、可愛いっすね。

2:魅力大参加者限定 無料講演会します!

5/29(日)15:00~@東京都内

魅力の大学の何らかの講義に参加してくださっている方限定で、無料講演会を開催することが決定いたしました!

詳細や申込方法は、近日中に魅力の大学事務局よりご案内のメールが行きますので、楽しみにお待ち下さい。

3:The Theory 金曜まで買えるようにしときます

先週軽くご案内していた、女性本能の真髄を学び「本能的魅力」を獲得する講座「The Theory – 恋愛の論理学」ですが、多くの参加を頂いておりましたので、今週金曜日までは入り口を開けておきます。

本来、募集期間は限定しているものなので、ご了承いただけますと幸いです。

▼The Theory ご案内
http://attraction-univ.com/lp/thetheory/


というわけで、今週号は以上になります。毎週水or木曜あたりにお送りする予定です。

感想、成果報告、ご質問など、インスタのDMまでどしどしお寄せ下さい^^

▼ジュンのインスタ
https://www.instagram.com/jun_online_/

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

また来週お会いしましょう。