【特別版】マッチングアプリ攻略術

本内容の著作権は恋愛屋ジュン及び、運営会社である株式会社HATSUHARUに帰属します。内容やノウハウのコピー、転用、2次利用等は固くお断りします。

マッチングアプリを開けば、
一瞬で数万人の異性にアクセスできます。

中には、
一生出会うことのないであろうハイスペックな人から、
芸能人やモデルから、普通のOLから、学生から、
本当に様々な境遇の方がいます。

そして、マッチングアプリも
言ってしまえば「アプリ」なので、

そのゲームが、
「どんなルールで成立しているのか?」

を理解すれば、どんどん攻略しやすくなり
会える確率も上がるため、
やがて理想の女性と出会うことができます。

今回は、マッチングアプリの攻略法を
写真やプロフ文の実例を踏まえながら
解説していきます。

出会うまでの仕組み

まずはルールの把握ということで、
最初にマッチングアプリの構造を解説します。

この流れを頭に入れておいて下さい。

相手に自分の存在を知ってもらう「認知」から、
実際に会うまでの流れです。

認知

写真

プロフィール文

メッセージ

約束

会う

1:認知

相手のプロフィールを見に行く「足跡」や、
こちらから「いいね」を送ることで、
相手に自分の存在を知らせることができます。
まずは存在を認知されなければ何も始まりません。

2:写真

認知された瞬間にはじめて目につくのは写真です。
ここで足切りされないかどうかが、
大きなポイントになります。

3:プロフィール

写真を見て「良さそうだ」と思われたら、
プロフィールを読んでもらえます。
ポイントは、写真がOKじゃないと
プロフィールは読んでもらえない、
ということです。

4:メッセージ

ほとんどのアプリでは、
マッチングしたらメッセージの
やり取りが出来るようになります。

ここで会うために必要な情報を交換していき、
デートの提案をします。

5:約束

デートの日程が決まれば、一安心。
とは行きません。

何らかの理由をつけられてキャンセルされたり、
当日ドタキャンなんてこともよくあります。

6:会う

キャンセルのリスクも超えて、
やっと会うことが出来ます。

と、これが、
アプリで出会うまでの一通りの流れです。

この過程において最も重要なポイントは、

上から順番だということ。

写真がダメダメだったら、
どれだけ魅力的なプロフィールと、
好感の持てるメッセージがあっても
意味がありません。

そもそもプロフは見られないのですから。

そして、
そもそも認知を増やす活動をしていないと、
何も始まりません。

母数がなければ、会える女性が
出てこないのは当然です。

なので、アプリ攻略の基本的な考え方は、

・いかに認知を増やし
・いかに次の段階への転換率を上げるか

を考えていくことになります。

プロフィール攻略

さて、ここからは実際に、
どのようにしてアプリを攻略していくのかを解説します。

厳密に言うと、アプリ毎にその特徴や
最適解は異なるのですが、

ここではどのアプリでも大原則として
必要なポイントを紹介します。

■写真とプロフィール

まずは魅力的なプロフィールを作成しましょう。

プロフィールは大きく
「写真」と「本文」に分かれます。

写真では、とことんあなたの魅力が伝わるものを。
本文では、会いたくなるような自己紹介を。

アプリは、ほぼプロフィールで決まります。
妥協はせずに、作り込みましょう。

■写真の撮り方と選び方

写真は、
「プロフィールが読まれるか読まれないか?」を決める、
極めて重要なポイントです。

ここで女の子に好印象を与えなければ、先に進めません。

適当な自撮りや、
拾い画を使う方がいますが、絶対NG。

最高の1枚をキメて下さい。

▼写真撮影4つの基本
1)髪型のセット
2)服のサイズ感
3)他撮りと顔の角度
4)綺麗でおしゃれな背景

この基本は「絶対に」守って下さい。

何度も言いますが、
写真で「会いたい」と思ってもらえなければ、
その時点で終了です。

あなたも、見た目が好みでない女の子と
マッチングしたいとは思いませんよね?

それは女の子も一緒です。

ただ、女性は生まれ持った顔の作りよりも、
後天的に努力によって
改善している部分に着目します。
(オスの”後天的改善能力”を見ています)

上記の4点は、女の子が男性の写真を見た時に、
「この男は優秀そう」と判断する
最低限おさえたいポイントです。

1つでも要素を守らなければ、
1撃でNGを喰らってしまいます。

逆に、この4つの要素を満たすだけで
上位20%には確実に入れます。

■プロフィール本文作成のポイント

プロフィールは、基本的に、
居住地、仕事、趣味を書けばOK。

その際に注意すべき点が4つあります。

・分量
・改行
・アプリをしている理由
・謝らない感謝しない

それぞれ解説していきます。

・分量

女の子のもとには、数多くの男性からいいねが届いています。
ですので、長文は読む気になりません。
理想は200~400文字。400文字を超えるとかなり離脱されます。

・改行

段落ごとに改行を入れて、
とことん読みやすさにこだわりましょう。
文字で埋め尽くされていると、読むのも一苦労です。

・アプリをしている理由

「出会いがないので」と書く方が多いのですが、
あまり効果的ではありません。
女性は本能的に、オスの生殖能力を見ています。
ですので、普段から女性との出会いがないのは減点対象です。

・感謝しない謝らない

「プロフィールをご覧いただきありがとうございます!」
「長文駄文すいません」
「読んでくれてありがとうございました」

など、へりくだるような表現も加点にはなりません。
本能は「オスとしての強さ」を見極めようとしています。
ですので、余計な謙遜はせずに、
堂々と自分をアピールして下さい。


メッセージ攻略

マッチングしたら、次はメッセージのやり取りです。

「メッセージで何を送ればいいかわからない…」
という方も多いでしょう。

しかし実は、メッセージは単純でシンプル。
なぜかというと、マッチした段階で
女性はあなたに魅力を感じているからです。

最低ラインを超えなければ、
マッチすることはありません。

なのでマッチした段階で「ほぼ、終わっている」のです。

では、メッセージで何をするのか?をいうと、

「会う約束をするため」

です。それ以上でもそれ以下でもありません。

会うために必要なのが、以下のステップです。

1:オープン
2:好意の確認
3:提案
4:日程調整
5:維持

1:オープン

まずは「返信してもらう」のが第一の壁になります。
ここでは手の込んだことはせず、
女性も定型文で返信できるような挨拶が望ましいです。

 ♂はじめまして!ジュンです。
  よろしくお願いします!
 
 ♀〜〜です!よろしくお願いします!

ここは、一旦返信を貰えればOKです。

2:好意の確認

人間は、不確実性が高いと
行動を起こさなくなります。

脈アリサインを気にしてしまうのは
「なるべく成功率が高い状態でアプローチしたい」
という心理です。

これは男女共通。

なので、デートに誘える確率を上げるために、
逆にこちらから脈アリサインを送ります。
(僕は「逆脈アリサイン」と呼んでいます。)

 ♂〜〜ちゃんは、初対面の人とはすぐに仲良くなれるほう?
 ♀割と仲良くなれますよ!
 ♂〜〜ちゃんとは仲良くなれそうな気がしてます。
  僕の直感がそう言ってるので間違いないです!

こんな感じの展開ですね。

このメッセージのポイントは、
会う前提で話を進めているところです。
「会ったときに仲良くなれるか?」
という話題なので、

この流れだと会うほうが極めて自然。
そういう話題展開にしています。

3:提案

好意の確認が完了したら、デートの提案をします。

「え、もう誘うんですか?」と
思うかもしれませんが、
このくらいのスピード感がちょうどいいのです。

いくつか理由はありますが、

・女性も会うためにアプリを使っている
・女性もぶっちゃけメッセめんどくさい
・ライバルが多いので短期勝負をすべき
・逆脈アリサインの直後なので気持ちが高い

という感じ。ダラダラメッセージを続けると、
次々と魅力的な男性とマッチしていかれるので、
予定を決めるまではとにかく短期決戦です。

♂〜〜さん気になっているので、今度お茶でも行きましょう!

こんな感じで、
ストレートに「会ってみたい」
というのを伝えてください。

基本的に断られることは少ないです。

「もっと仲良くなってから」という
断り文句が来ることがありますが、
僕は、脈がないorこれ以上の時間と労力は
かけるべきではないと判断し、
返信を見送ります。

4: 日程調整

デートの誘いにYESをもらえたら、
必要な情報を確認しながら日程をあわせます。

ここでのポイントは「相手に合わせすぎない」こと。

 ♂〜〜ちゃんは土日休みだっけ?
 ♀そうですよ!
 ♂休日の昼間は、梅田付近だったら合わせやすいかな。
  ◯日〜時にランチか、◯日〜時にお茶する感じだったら空いてます!

基本的に、場所、日程、時間はこちらが決めましょう。

最低限、相手の休みだけ確認して、
あとはこちらからの提案です。

5:維持

さて、デートの日程が決まりました。
一安心…とはいきません。

急にキャンセルされたり、ドタキャンも起こり得ます。
アプリだと日常茶飯事なので、
もしキャンセルが起こっても落ち込まないこと。

なるべくキャンセル率を下げる工夫はしつつ、
もしキャンセルが起こる場合には、
早めに察知できるように
メッセージを組んでいきます。

 ♂ちなみに、苦手なものとかありますか?
 ♀特にないですよ〜
 ♂じゃあ、良さげなお店探しておきます!
 ♀ありがとうございます^^
  楽しみにしています!
 ♂では、◯日〜時で、よろしくお願いします!
  集合場所、また連絡しますね。

<予定前日>

 ♂明日はよろしくです!
  〜時に・・・集合でおねがいします。
 ♀わかりました!

苦手なものだけ聞いておいて、
お店は男側が選びましょう。

そして「集合場所、また連絡しますね」の一言で、
前日に連絡する理由を作っておきます。

この前日リマインドで、
ドタキャンはかなりの確率で察知可能です。


ここまでが、デート確定までの一連の流れです。
慣れてくれば、スキマ時間で返信できるようになってきます。

アプリは「出会いのツール」なので、
コストをかけすぎると目的からズレていってしまいます。

あくまで真剣に向き合うべきは、出会った相手。

出会いは効率化して、自分自身を高めたり、
仕事に打ち込むことに人生を使っていきましょう!

実例とアプリごとの攻略術は本編にて

魅力の大学内で公開している
「マッチングアプリの教科書」では、

・ジュンが実際に使っているプロフィール写真4パターン
ジュンが実際に使っているプロフィール文2パターン
ジュンが実際に出会えたメッセージ実例3パターン

を公開。そのまま自分用に打ち替えて、
使えるようにしています。

また、マッチ率をUPさせたり、
人気女性と出会うための戦略も
本編内のみで公開していますので、
興味がある方はぜひご利用下さい。

アプリに1ヶ月無駄に課金するよりも
この通りやって、早く素敵な女性と出会うほうが
遥かに賢くて遥かに効率的だと思います。

▼マッチングアプリの教科書 ご案内
http://attraction-univ.com/lp/262/

では、今回は以上です。
お役に立てれば幸いです!

恋愛屋ジュン