【魅力大個別指導】マッチングアプリ運用の手引

目次

使用アプリ

オススメのアプリは

1)with
2)Pairs

の2つです。登録ユーザー数の多さと、集まっているいいね数 =被いいね数 が見える(後述:錯覚資産)機能があるので、正しい戦略を持って取り組めば、ある程度ハイレベルな女性とのデートを組むことが可能です。

右下に表示されている「150」が、被いいね数です。まずは多くの女性からのいいねを集め、人気男性になる、という戦略になります。

いいねの数が多いと「この男性は人気があるんだ」と、あなたの価値の高さを魅せることができます。(社会的証明効果)

人間は、第三者の評価を高く信用してしまうので、

いいね数が多い=素敵な男性

という印象にすることが出来るのです。

登録と課金に関して

1)ブラウザから課金する

課金の方法には「ブラウザ」か「アプリ課金」の2種類があります。

基本的にはブラウザから課金したほうが安く課金できるので、app store からではなく、safariやgoogle chromeなどの検索エンジンから課金するようにしましょう。

こちらがアプリで見た金額
1ヶ月4200円


こちらはブラウザで見た金額
1ヶ月3600円

ブラウザから課金するだけで、月々600円(年間にすると7200円!)の差になります。

なぜアプリからとブラウザからで価格が違うのか?というと、アプリ経由で課金した場合、app store や google play に手数料を取られてしまうからです。約30%ほどが手数料で持っていかれてしまうので、運営会社からすれば大きな損失になります。

つまり、アプリ課金のほうが高いのは「app storeに入るお金」がかさ増しされているからなのです。

無駄なお金をApple社に払うくらいなら、会いに来てくれた女の子にコーヒー奢ったり、自分の成長に投資したほうが良いですよね。

2)「登録直後」が一番熱い

どのアプリにも共通しますが「登録直後」が最も優遇されます。

多くの女性とマッチさせることで課金させたい!というアプリ会社の戦略です。

つまり、

・最高のプロフィールをあらかじめ準備した上で
・登録後に急いでプロフィールを実装して
・サクッと課金して
・一気にマッチしてデートの予定を決める

というのが、最適な戦略になります。

withであれば、登録後24時間は「足跡つけてくれた女性に、無料でいいねが送れる」というシステムが存在します。(詳細は後述)

登録後に、2000名の足跡がついて、マッチ率が20%であれば「400名」とマッチングできる計算に。

アプリはダラダラ続けるよりも、熱い期間に集中的に取り組みましょう。

3)課金は1ヶ月プラン

課金画面に行くと「3ヶ月プランや半年プランの方がお得だよ!」と誘導されますが、完全に無視でOK。

売上を多くあげたいアプリ会社の戦略です。

被いいね数は1〜3ヶ月でリセットされてしまうため、長々と続けてもメリットはありません。(むしろ優遇されなくなっていく)

登録直後と課金直後のボーナスタイムを利用して一気に動く戦略を取りましょう。

1つのアプリだけで、月間8〜10名のデートが組めるので、複数のアプリを使用する必要はありません。

課金に関しては、

with ⇔ Pairs

を1ヶ月毎に切り替えて使っていきましょう。

with 基本戦略

・被いいねを集める

先述したように、まずは自分のプロフィール画面に表示されるいいね数を上げる事が重要です。

withで表示されるいいね数は、男性側と女性側で表示される数字が異なっています。

男性側
相手から来たいいねの数

女性側
相手から来たいいねの数+マッチング数

相手からいいねが来るかどうか?は、こちらがコントロールすることが難しい要素になります。つまり被いいね数を上げるには「大量にマッチングすればいい」のです。

そのため、システム上送れるいいねの最大数を送っていきます。

具体的には、
・登録後24時間足跡無料いいね
・心理テスト(1日10人)
・for you(1日6人)
を行っていきます。

・好みカード

ここは「女性との共通点」を生み出す場所です。(つまり、あなたの趣味を出す場所ではありません)

ここには2023年現在で1000枚までカードが登録できますので「最大まで」登録して下さい。

なるべく共通点を出すために、

「並び替え→人気順」

で好みカードを並べて、上から順番に(流石にコレは無いな…と思うものだけ外して)登録すればOK!

▼各ジャンルの「人気順」を上から一気に登録する

▼プロフィール画面には「共通点(同じ好みカードを登録している枚数)」が表示されます。

共通点が、他の男性よりも数多く表示されていたら、女性も「この人とは相性いいのかも…!?」と予感させることが出来ますよね。

・心理テスト

もう1つ、withの特徴的な機能として「心理テスト」があります。

「TOP画面の右下」もしくは「マイページ→モテ度チェック→心理テスト」と進むと、数問の心理テストを受けることが出来ます。

ここも、馬鹿正直に答えるのではなく「女性との共通点」を作りにいきましょう。診断結果が同じだと、このようにプロフィールに「相性ぴったり」と表示されます。

そのため、テストを受ける前には、必ず「人数が多い結果」をチェック。

以下の例だと
・ラブラブカップル 17万人
・大人カップル 8.7万人
・友達カップル 10.6万人
・自然体カップル 4.5万人
となっています。

実際に診断に回答するときには「ラブラブカップルタイプ」になりそうな選択肢を選んでいくことになります。

・1人の時間より恋人の時間を大事にする
・一緒にいろんなことを楽しみたい
・ずっとラブラブでいたい

のような価値観に近い選択肢を選んでいくといいですね。

心理テストは全て受けるようにしましょう。

(ポイント消費が必要な「心理テストplus」は行わなくてOKです)

手順1:登録後24時間以内の足跡無料いいねを使う

登録後24時間は、足跡(自分のプロフィールに訪れた女性)に対して無料無制限でいいねを送ることが出来ます。まずはこの機能を利用して大量にマッチングし、被いいね数を確保しましょう。

最初の24時間が勝負です。

手順は以下の通り。

▼検索条件
・ログイン24時間以内
・年齢制限無
・居住地
関東圏の方:関西圏(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)
自分の居住地を「大阪」にする

関東以外の方:関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
自分の居住地を「東京」にする

いいね集めのときは、自分のフィールド以外の居住地で行うようにしましょう。大量にマッチングするので、全員に返信することは不可能です。(つまり良い女性を取りこぼしてしまう)

そして、全速力でスワイプして、多くの女性のプロフィールに足跡をつけていきます。ここは数の勝負。魅力大のコンテンツを流して復習でもしながら、ガンガン表示させていってください。

いいね集めは、いいね集めと割り切って数字を取りに行きます。

いいねが集まったら、居住地を本来の場所にもとして「本運用フェーズ」に入りましょう。

手順2:無料いいね枠をフル活用

・「for you」タブから1日6人無料いいね
・心理テストから1日10人無料いいね

を送ることが出来ます。

手持ちのいいねを消費せずに16名にいいねを送れるので、これを使わない手はありません。1日1回、必ず実行するようにしましょう。

また、無料いいね枠では「メッセージ付きいいね」がポイントを消費せずに送れることがあります。その際には、以下のようなテンプレを送信して、マッチング率を高めておきましょう。

はじめまして!雰囲気すごく好みだったので、思わずいいねしてしまいました✨よろしくお願いします

辞書登録をしておくと、すぐに打ち込めて時短になります。

Pairs 基本戦略

Pairsも、withと同様にはじめに被いいねを集めます。

検索条件もwithと同様に。

▼検索条件
・ログイン24時間以内
・年齢制限無
・居住地
関東圏の方:関西圏(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)
自分の居住地を「大阪」にする

関東以外の方:関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
自分の居住地を「東京」にする

Pairsの場合は「登録後24時間足跡無料いいね」がないので「ブースト」を利用します。

課金アイテムですが、1度使うだけでマッチ率が劇的に変わるので、ここは惜しまず使いましょう。(ブラウザ課金で浮いたお金を使ったと思えば良くないですか?)

ブースト使用中に足跡が来た女性には、手持ちいいねを消費せずにいいねを送ることが出来ます。

本運用フェーズ

いいねが集まったら、居住地を本来の場所に戻して本運用に入ります。

基準は「被いいね100」を超えればOKです。

本運用の手順は以下のとおりです。

1:検索条件といいね送信

・年齢±3歳
・同地域
・ログイン順

上から順番に、30~50名にいいねを送信しましょう

※いいねを送る女性は選ばない!デートOKをもらえた時点で、はじめて相手の顔を確認する。男性側に「女性を選ぶ権利」はありません。(本編 season1-2参照)

2:マッチ率とデート率を計算する

・いいねを送った数
・マッチした数
・デートOKをもらえた数

を計測しましょう。ここは「数字を取る」ことが目的なので、顔が微妙だろうが、一旦デートに誘ってください。

マッチ率 = (マッチ数 ÷ いいね送信数)× 100
デート率 =(デートOK数 ÷ マッチ数)× 100

マッチ率は20%以上
デート率は20%以上

を超えていれば合格です!

3:会う女性を選択する

自分のスケジュールがあいていれば、誰だろうとデートに行って、トークや立ち居振る舞いの練習を行いましょう。

いきなり可愛い子と当たっても、練習を積んでいなければ実力は発揮できません。

スケジュールが限られている場合に限って、女性のプロフィールを見て優先度をつけてOKです。

メッセージの送り方

「メッセージで何を送ればいいかわからない…」という方も多いでしょう。しかし実は、メッセージは単純でシンプル。なぜかというと、マッチした段階で女性はあなたに魅力を感じているからです。

最低ラインを超えなければ、マッチすることはありません。なのでマッチした段階で「ほぼ、終わっている」のです。

では、メッセージで何をするのか?をいうと、

「会う約束をする」
「会う約束をするための電話につなげる」

です。それ以上でもそれ以下でもありません。

ダラダラと仕事や趣味の話を深堀りする必要はありません。最短最速で勝負を決めてください。

メッセージ基本の流れ

メッセージで仲良くなったり、メッセージで惚れさせる必要はありません。何より文章だけで距離感を縮めるのは、技術も労力もかなり必要です。マッチングアプリなんだから、サッサと会おうぜ、ということです。

んで、会うために必要なのが、以下のステップ。

1:オープン
2:共通点の開示
3:好意の開示
4:提案
5:日程調整
6:維持

この6ステップを最短で駆け上がりましょう。

1:オープン

まずは「返信してもらう」のが第一の壁になります。ここでは手の込んだことはせず、女性も定型文で返信できるような挨拶が望ましいです。

♂「はじめまして!ジュンです。よろしくお願いします!」
♀「よろしくお願いします!」

ここでは一旦返信を貰うだけでOKです。

変に奇をてらったファーストメッセージを送っても気持ち悪いだけなのでやめましょう。

2:共通点の開示

デートに誘う上で大事なのは「信用度」です。

プロフィール写真と本文であなたの男性的魅力は充分伝わっているので、あとは誘いをOKするための「信用度」を作りましょう。

信用度を高める方法は

“共通点”

です。

人は共通点がある人を信用信頼するという性質があります。相手のプロフィールを見て、趣味や仕事や出身地などの共通点を見つけて、メッセージで提示しましょう。

♂「僕もカフェ巡り好きです!」
♂「どのへんよく行きますか?」
♀「〜〜あたりとかよく行きます!」

3:好意の開示

共通点を見せて信用を作ったら、あとはデートに誘うだけです。

デートに誘う時にポイントになるのが「僕はあなたを女性として狙いますよ」ということをしっかり伝えることです。

変に「映画行こう」や「お出かけしよう」などで逃げてはいけません。そもそもアプリに登録している時点で、異性を求めているわけです。

♂「趣味合いそうだし、〇〇ちゃん気になってるので、話してみたいです!」
♂「めちゃタイプです…!」

(共通点開示と、好意開示は順番逆でもOK)

4:提案

好意の確認が完了したら、デートの提案をします。

「え、もう誘うんですか?」と思うかもしれませんが、このくらいのスピード感がちょうどいいのです。いくつか理由はありますが、

・女性も会うためにアプリを使っている
・女性もぶっちゃけメッセめんどくさい
・ライバルが多いので短期勝負をすべき
・マッチングの直後なので気持ちが高い

という感じ。ダラダラメッセージを続けると、次々と魅力的な男性とマッチしていかれるので、予定を決めるまではとにかく短期決戦です。

♂「〇〇あたりは美味しいとこいっぱい知ってるので、今度一緒に行きましょう!」
♂「話してみたいし、軽くお茶行くか、電話しましょう!」

こんな感じで、ストレートに「会ってみたい」というのを伝えてください。基本的に断られることは少ないです。

「会う前に電話したい!」という女性もいれば
「電話は苦手・嫌だ」という女性もいます。

なので「お茶か電話」と2つ選択肢を提示することで、相手に合わせた誘導をすることができます

時折「もっと仲良くなってから」という断り文句が来ることがありますが、その場合は、脈がないorこれ以上の時間と労力はかけるべきではないと判断し、返信を見送ります。

もし余裕があれば「じゃあ、仲良くなりたいから、5分だけ電話しよう」と切り返し、電話に誘導して、電話内で約束を取り付けるのもいいですね。

5:日程調整

デートの誘いにYESをもらえたら、必要な情報を確認しながら日程をあわせます。ここでのポイントは「相手に合わせすぎない」こと。

♂「○日ー時か、○日ー時は空いてるけど、予定どうかな?」

基本的に、場所、日程、時間はこちらが決めましょう。

一週間以内で、2日程提示して返事を待ちましょう。二週間後まで遅くなると、あなたの存在も忘れられてくるし、次のライバルがどんどん入ってきます。なので日程は、なる早で決めるのが鉄則です。

基本は「平日仕事終わり+休日昼or夕方」に2日程提示がベストです。

6:維持

さて、デートの日程が決まりました。一安心…とはいきません。

急にキャンセルされたり、ドタキャンも起こり得ます。アプリだと日常茶飯事なので、もしキャンセルが起こっても落ち込まないこと。

なるべくキャンセル率を下げる工夫はしつつ、もしキャンセルが起こる場合には、早めに察知できるようにメッセージを組んでいきます。

♂「苦手なものとかありますか?」
♀「ーーが苦手です」
♂「OK!じゃあいい感じのお店探しときますね」
♀「ありがとうございます!」
♂「また集合場所とか連絡します!」

ーー予定前日ーー
♂「明日よろしくね!○時に〜〜集合でお願いします!」
♀「わかりました!」

苦手なものだけ聞いておいて、お店は男側が選びましょう。

初デートはランチかカフェのような軽いものがおすすめ。予定が合わなければ夜でも問題はありませんが、「あれ…思っていた人と違う…」となったときの時間やお金の損失が大きいので、リスク管理の意味もあります。

横並び or L字に座れるとGOODです。

そして「集合場所、また連絡しますね」の一言で、前日に連絡する理由を作っておきます。この前日リマインドで、ドタキャンはかなりの確率で察知可能です。

ここまでが、デート確定までの一連の流れです。なれてくれば、スキマ時間で返信できるようになってきます。アプリは「出会いのツール」なので、コストをかけすぎると目的からズレていってしまいます。

あくまで真剣に向き合うべきは、出会った相手。出会いは効率化して、日常は自分自身を高めたり、仕事に打ち込むことに人生を使っていきましょう!

目次